Official Website of JACE

Action for the United Asia

日本、アジア、そして世界の平和を目指します。

ごあいさつ – Greeting from President

■JACEの理念
日亜文化交流協会、通称JACEは2001年3月に栃木県宇都宮市に産声を上げました。当初は、主に日本国内の社会問題やハンディキャッパー、いじめ問題等の社会的弱者の救済を掲げて講演活動を行いながら、直接的救済活動を展開していました。
北朝鮮の核問題で緊迫した状況を調査した後、 当協会の設立者であり、現代表であります坂田眞啓が思ったのは、

アメリカに頼るだけでなく、私たち日本人は自身の国を守る準備をしなくてはならないのではないか。自国の問題は自国で解決すべきなのではないか。

日本の自立を進めるために、我々はアジアの国々、そしてそこに住む人々との信用を確立し、よりよい関係を確立する事が大切だと考えます。
それではどのように活動を展開してゆくのがよいでしょうか。私たちが考えるのは、アジア42ヵ国全てに日亜文化交流協会(JACE)の支部を開設することで、国家間の友好関係を民間レベルで築き、国家と言う壁を越えた友好の輪を広げ、将来的にアジアを共同体として共存共栄できるよう邁進することだと信じ、これまで活動してまいりました。

■ JACE Philosophy
The Japan Asia Cultural Exchanges, Inc. (JACE) was founded in Utsunomiya City, Tochigi Prefecture in March 2001. We were initially conducting direct relief activities while giving lectures mainly for the relief of socially vulnerable people such as social problems in Japan and disables people, and bullying problems. Here is the voice of Masahiro Sakata, the founder and representative of JACE, after he had investigated a tense situation of North Korean nuclear issue;

Japan must prepare to protect our own country to solve our problems for ourselves, not just relying on the United States.

Establishing credibility and good relationships with Asian countries is vital to promote Japan’s independence. We have been establishing branches of JACE in all 42 Asian countries to build friendly relations on the private sectors between countries to realize the coexistence and co-prosperity.

寄付金についてのお問い合わせ – Making a Donation

We would like to express our sincere gratitude to all those who have offered us support through donations. 支援を …

詳細を確認する