ロヒンギャ難民のための緊急避難所

ミャンマーのラカイン州には、何十年もの間、食料/きれいな水、避難所、教育、基本的人権を利用することができなかった人々がいます。 これらの「無国籍」の人々はロヒンギャと呼ばれ、主にイスラム教徒であり、組織的な暴力、拷問、強姦、差別に苦しんでいます。 国連によると、推定86万人のロヒンギャ人が避難民として暮らしており、60万人がまだラカインにいて、忘れられ、虐待されています。 パンデミックの発生に伴い、避難所を探す難民の数は増加しています。 難民が保護されていると感じられる安全で安心な環境を整えるために、ひご参加ください。