TEL.028-348-3666 お問い合わせはこちら 受付時間: 平日(Mon-Fri) AM 10:00 ~ PM 5:00

CoNGOについて

About CoNGO

CoNGO

CoNGOとは

CoNGOは、1948年に設立された独立した国際的な会員組織であり、この年に世界人権宣言が採択されました。国連経済社会理事会においての協議資格を持つ非政府組織(NGO)として、事務局、機関、条約機関、地域委員会、研究機関、サミット、世界会議に関連しています。

CoNGOは、国連憲章に掲げられている目標と価値を心から支持し、グローバルな政治、環境、健康、その他の脅威を解決するための多国間主義の強力な支持者です。我々は、世界中のNGOが国連と協力して、その活動を促進し支援し、市民社会を世界の機関との永続的なパートナーシップを結ぶことを奨励しています。

ニューヨーク、ジュネーブ、ウィーン、世界各地のCoNGOに関する40にのぼるCoNGOの中心の委員会(NGO委員会と呼ばれる)は、全体で国連の使命を支援するというコミットメントがあります。

CoNGOには、国連との協議、協力そして他の同じ志を持つ利害関係者との協力を通じて、多様なNGOのメンバーがいます。。CoNGOは、国連及び加盟国が合意した目標の達成に効果的に貢献するための加盟国の努力に付加価値を与える役割があります。

特に、すべての国連において、若者や青少年団体を積極的な参加者やパートナーとして支援しています。

CoNGOのねらいと主な目的

  • ?グローバル、地域、国家の懸念事項に関して、政府と国連の団体との交流の中でNGOが3つの当事者の1つとして認められています。これは、CoNGOのメンバーが政府の要請を受け、通常は国連機関が招集する協議プロセスへの参加を支援することを意味します。
  • ?国連システム全体とNGOの間での実質的な対話を促進する
  • ?国連機関やNGOが行った新たな活動やイニシアチブをCoNGOの会員に知らせる。
  • ?NGOは、CoNGOのメンバー組織とその中心的なNGO委員会内で利用可能な専門知識の提供を通じて、その活動の質と範囲をさらに発展させる。
  • ?地域間のNGOパートナーシップと共同ネットワークの相乗効果を促進し、奨励する。
  • ?NGOにリーダーシップ、経営、アドボカシー、能力構築のスキルを開発し、NGO間および国連とNGOとの関係におけるベストプラクティスと行動を示すよう訓練します。

これらの目的は、CoNGO規則に規定された目的に基づきます。

CoNGOのメンバー

CoNGOへの加盟は、NGOの協議、オブザーバー、または同等または類似の地位を付与する国連システム内の団体のいずれかによって既に認定された国内、地域および国際非政府組織(NGO)に開かれています。ここでの組織は、個人ではなく、CoNGOのメンバーになる可能性があります。

経済社会理事会(ECOSOC)によって与えられる協議的資格を持つNGOは、CoNGOのフルメンバーになる資格があります。国連内組織から認定を受けたECOSOC認定NGOは、ECOSOCに分類され、完全なメンバーシップを持ちます。

NGOは、(ECOSOCを除く)国連システム内の団体によって認定または承認され、オブザーバーまたはパートナーの地位を付与された場合、CoNGO準会員になる資格があります。これには、気候変動枠組条約(UNFCCC)、世界保健機関(WHO)、国際労働機関(ILO)、国連環境計画(UNEP)、国連児童基金(ユニセフ)、国連教育科学文化機関(ユネスコ)などの国連機関による認定が含まれます。