多くの人がまとまった資金を入手できないため貧困から抜け出すことに非常に苦労します。
JACEはカンボジアにおいてマイクロファイナンス銀行ライセンスを取得し、貧困に苦しむ人々が必要とする資金を提供しております。貧困層を対象に小口の融資や貯金などの金融サービスを提供することで、生活の糧となるビジネスの立ち上げや、バイク、携帯電話などの生活必需品の購入を援助することで彼らの生活水準の向上に取り組みます。安定した収入を得られることで、家庭内での子どもへのサポートがより行き届いたものとなれば、外部からの援助に頼ることなく自立を図ることができます。つまり「自立するための支援」が可能になります。マイクロファイナンスとは正に、社会貢献とビジネスの両面を持ち合わせた貴重なアイデアであり、当事者のWin-Winの関係を築くことが可能であり、広く活用されるべきだと考えられます。JACE NGOsの提案するマイクロファイナンスはより多くの人々からのアクセスを可能にさせるため、特にカンボジアという人口の77%が貧困層、更に34%が極度の貧困層である国に焦点を当て、融資対象者のニーズと経済的能力を配慮したスキームで貧困撲滅に立ち向かっております。