JACE NGOsは2002年より国際NGOとして主にアジアにて国際援助を行ってきました。また国連や各国政府からJACE NGOの活動が認められ2013年に国連経済社会理事会 2013(UN ECOSOC 2013)の国連NGO資格である特別協議資格(Special Consultative Status)を取得しました。
我々は、アジアはひとつをテーマに各国の掛け渡しとなり、同時に人と人との民間交流確立の実現を目指し、それぞれの資源や人材を活かした活動の提案に取り組んで参ります。
アジアの世紀と呼ばれる時代において、HIV/AIDS撲滅をはじめとする様々な課題解決に向かい合う参加型国際団体として、人々の豊かな社会、教育、生活、雇用を世界各国の成長に繋げるよう活動の幅を広げております。
多くの方々からのご支援宜しくお願い申し上げます。

我々は、アジア42カ国でNGO活動を行うことを目標に、活動を開始いたしました。JACE NGOsは、活動の3本柱として、弱者救済・エイズ問題・教育を掲げ、日本国内のみならず、アジアの国々で、活動を行っております。連携する国々が5カ国・10カ国と増え、42カ国に成ったとき我々の活動がアジアの標準となり、実を結ぶ事となります。このことは、アジアにおける諸問題は、アジアで解決することを意味し、アジアの安定と平和が、強いては世界平和にと続くことであると確信しております。私は、自分でできることを、行動で表し実行していく所存です。