Aside

カンボジア視察
2013年11月29日

JACE NGOs日本事務局は2013年11月、2週間に渡りカンボジア視察に行ってきました。通年よりも長かった今年の雨季も終盤を迎え、良好な気候の中、日本の支援者の方々を現地にお迎えすることが出来ました。今回はJACE NGOsアカデミーの視察、及びマイクロファイナンス新事務所(現在内装中)視察を行いました。

同時に以前JACE NGOsがソーラーによる充電式バッテリーを寄贈したNaru島のお寺を訪問し、現地の方々の声を聞くことが出来ました。お寺と併設されている学校の子どもたちにも灯りを通した安心感と与えられました。寄贈から約半年が経ち、商品も現地に浸透し、是非、他の公共施設にも支援をして欲しいという要望もいただき、JACE NGOsは今後ともより充実した支援を行っていきたいです。

また、JACE NGOsは無電化区域である、Peam Chileang及びDaun Sar地区の医療センターにソーラーパネルセットを寄贈しました。現在、無電化地域の医療センターは、来院者の数に対して適切な受け入れ態勢及び医療水準が提供できていない現状を抱えています。例として、ライトは夜間の出産時の使用に備えているため、一般の患者は光のある中での医療サービスが受けられません。このような中JACE NGOsの寄贈によって安定した電気の供給源、そして各病室に光を灯すことが可能となりました。